「働く」の概念を変える

会社の為にではなく、自分の為に働く。

この集団こそがワーカーズマークです。